CSSの最近のブログ記事

メイリオフォント

| トラックバック(0)
最近、ウィンドウズのホームページのフォントといえばデフォルトは、「MS P ゴシック」だが、最近ではVISTAの影響もあり、メイリオを使うようになってきた。

ただ、メイリオはアンチエイリアスが効いているときれいだが、そうじゃない場合はジャギジャギでかえって見にくくなる事がある。(IE7/IE8以外は基本効かないようだ)

これを、パソコン側の設定を変更することでアンチエイリアスのかかった表示になる。

画面プロパティで、デザイン→効果→「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」→「標準」を「ClearType」に変更すると、きれいな表示できます。


meiro.jpg
一度お試しあれ!!
tableの枠線が1pxなのに重なって2pxになる。っていう場合は、border-collapse;collapseを追加しよう。一発解決だ。

border-collapseプロパティは、隣接するセルのボーダーを重ねて表示するか(collapse)、間隔をあけて表示するか(separate)を指定。

■値
collapse
隣接するセルのボーダーを重ねて表示します。
separate
隣接するセルのボーダーを間隔をあけて表示します。

とうことです
IE6だけダメでした

ボーダーが、、、、、、、、、、、表示されない


検索!!


これを表示させるには、必ず「position:relative」 を追加すればOKとのこと。


ひと安心です。




今日は、大阪で打ち合わせの後、時間の都合がついたのでCSS NIGHTに参加。

最近のMT教則本でお気に入りの『DreamweaverとMovable Typeで作る テンプレートカスタマイズレッスン 』の著者「森 和恵」さんが講師で出演されていたので、どんな方なのか一目見たくて参加。

場所は、心斎橋のアップルストアの2F。

講師の川端さんが体調不良のため休まれていたものの、森さん・東條さんの話はとても良くて、特に東條さんのPPCの話は、本で読むことはあってもリアルに話を聞くことが今まで無かったので参考になりました。

たまには、勉強会に参加するべきだと痛感。

そして、セミナーも終わり、抽選会があり、今日は当たる予感が、、、、
それもi-tuneのカード5枚セットが絶対に当たる予感が、、、、、

cssnight.jpg

じゃーん、当たりました

事務局の方、アップルストアのみなさん、ありがとうございましたー

最新のインターネットエクスプローラーのバージョンは8。今までのバージョンに比べると少し軽い感じがして使いやすそうです。マイクロソフトの次期OSも含めて動作が軽くなっていくのはうれしいことです。

といってもこれは個人的な話で、僕たちのようなウェブデザイナーやプログラマーはバージョンが増えるたびに検証の範囲が増えるので頭の痛い話です。

先日もIE6とフォントの相性で苦労しました。

CSSのバグを取りながら制作を進めていて、最後の検証の段階で、IE7、FF3、chrome、そして次にIE6に移った瞬間に、、、、、、、、、

「CSSが認識されてない」「えっ!!」

きれいにセンターリングされたまま、、、、、、、、更新ボタンを連打!!

改善されないので、1日前のデータに戻して原因が発覚。

fontfamilyの設定が"MS P明朝", "細明朝体", "ヒラギノ明朝 Pro W3"になっていたのを"MS Pゴシック", Osaka, "ヒラギノ角ゴ Pro W3"に戻した段階で解決。

この文字化け状態になる発生条件は以下記の場合に起こるそうです

  • JIS2004 フォントをインストールしている。
  • コンテンツを Unicode (UTF-8の他の Unicode でも発生) でエンコードしている。
  • コンテンツ内で "MS ゴシック"、"MS 明朝"、または "MS P 明朝" のフォントを、<font> タグおよびスタイル指定のいずれかで設定している。
  • Internet Explorer 6 を使用している。

ということでIE6にやられてしまいました。



2009年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

Copyright@2009 bluelagoon Inc. All rights reserved