Soundの最近のブログ記事

オタマトーン

| トラックバック(0)

明和電機から、ちょっとはまりそうな楽器?が誕生!!

その名も「オタマトーン」!!

 

otamatone.jpg

 

 

疲れたときには、これではじけてみたいなー

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/10/001/index.html
テレビを見ていて、こんなに人を応援したくなったのは久しぶりだ。

その人の名は、パパ荒川だ。

papaarakawa.jpg

本名:荒川勝治(50歳)。歌手を志し、27歳の時に愛知から妻子を連れて上京。働きながら音楽活動を続けるが、気づけばいつしか5人の父に。家族を養う苦労が重なり、出費のかさむライブ活動を休むようになった。

2年ほど前、収入が減り、家の電気やガスを止められ、一家で途方に暮れていたある日。反抗期の真っただ中にいた次女が、突然、彼を罵倒した。

「今のオヤジは夢見ていたはずの音楽も、仕事も、両方いい加減。情けないよ!」

娘のこの言葉に荒川は奮起した。欲しいものも、好きなことも我慢させてごめんよ。その日を食べることで精一杯だった。でも、これからは違う。音楽で家族7人が一つになる。

荒川はこの日から休んでいたライブ活動を再開。
5人の子供たちに捧げる"家族のラブソング"を完成させた。

タイトルは「こどもたちへ」。

派手なイメージは無いが、独特のしゃがれ声に魅力がある。
深い味わいのある声だ。

自分も同じような経験があり、そして今、現在進行形で進んでいるので
本当に心から共感できる。

荒川の夢は、「5人の子供たちと一緒に、この歌で紅白歌合戦に出場すること」

がんばれ~ パパ荒川






http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/29/027/index.html
USB対応の製品は数多く出ているが、これはおすすめの一品。

古いレコードをWAVファイルに変換するのって今まで持っているレコードプレイヤーからでは、結構めんどくさく放置したままだったけど、これなら簡単!!

Vestax のコンパクトターンテーブル handy trax に USB 端子を搭載したバージョンhandy trax USB。 4月28日から発売開始されたそうです。 市場予想価格は14,000円前後。

 コンパクトでポータブルなコンセプトはそのままに、お手持ちのコンピュータとUSB接続するだけで、古くなったレコードをデジタルデータに変換し、CD-Rで永久保存したり携帯音楽プレーヤーで楽しむことができるそうです。

handy_usb.jpg

琵琶湖を見てたら

| トラックバック(0)
昨日は、琵琶湖大橋の近くで朝早くからお仕事。

琵琶湖を眺めながら思い出したのが、この曲。

【知ったかぶり カイツブリ】だ

アメトークで知ってからハマッテマス


ちなみに、この作品の制作者は滋賀県の藤井組 (http://www.fujiigumi.com/)との事

えっ!!あの「てんてこししまい君」も彼らだったのかー。
さらに藤井組のレベルの高さを感じました。

ユニクロ「POLONOW」

| トラックバック(0)
ユニクロのTVCMやWEBは、低価格でシンプルな商品にもかかわらず、
イメージUPにつながる作品が本当に多い。

17日にスタートしたユニクロのポロシャツのサイトも、なかなか良い感じ。

映像クリエイターの辻川幸一郎が演出、音楽をコーネリアスが手掛けていることもありWEB上でこんな高品質なコラボが見られるなんて最高。

一度、ご覧ください。


polonow.jpg
http://www.uniqlo.com/polonow/


2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

アーカイブ

Copyright@2009 bluelagoon Inc. All rights reserved